弾き語りライブ始めました^_^

38F11BCC-2618-4D13-9E74-704BEC016E24

今年から、弾き語りライブを始めました。
苦手を少しずつできる→すき!に変えていく!
そんな変化を今楽しんでいます^_^
二ヶ月に一回の開催ですが、その中ではみなさんに参加していただく、ボイトレの時間や、みんなで歌おうの時間もあります。
みなさんのやりたいも応援するからには、自分のやりたいをかなえています^_^
そんなコンサートはこちら^_^

3月24日 こころうた 弾き語りコンサートin 葡萄屋 沖縄

【公演情報】2019/4/20(土)「オペラ歌手 曽根妙子のこころうたボイトレコンサート」開催

レッスンを体験された方のアンケートをご紹介いたします。

①年齢(何歳代)
②レッスンに参加する前はどんな状況でしたか?なぜレッスンに参加しようと思った
のですか?
③レッスンに参加しての感想。体験レッスンで得られたこと。
④今日の体験レッスンをオススメするとしたら、どんな方におススメされますか?

Dさん

①50代

②レッスン参加申し込み前日。
久しぶりに会ったmさんから先生のレッスンの事を聞いて、直ぐに私もやりた
い!と思って連絡先を教えてもらいました。
理由はなく、ただ歌いたい!という気持ちのみです。
それから、これは脳で感じてた事。
mさんから旅行に一緒に行った時の話で
車の中で思うままに歌う先生。その後、彼女のお嬢さんの発表会に向けての先生
の姿など、
素敵!と前から思ってたこと。

③音楽が出来た!と今日先生がおしゃったのが、目から鱗。
固定観念・私は音楽とは縁がないと思い込んでたことに気づいた事。
気持ちのまま歌うことの楽しさ。なんだか心がスッキリして、素直に喜べたこと。
これが、体験レッスンで得られた事。
先生がおしゃるように、自分への癒やし体験が出来たということですね!
素晴らしい指導力!

④万人に!
先生に指導して頂ければ、誰でも音を楽しめると思うので。

Eさん

①10代

②前は喉が痛くなっても、自分が好きなように歌っていた。参加しようと思ったのは周りの人に少しでも上手になったと認識してもらいたいから。純粋に上手になりたい。

③思っていたのとは違ったけれど、身体を楽器にするというのに納得したのと、自分の頑張り次第で上手になるのだと思った。

④歌うと喉が痛くなる子やミュージカル部の子達。

Fさん

①30歳代

②音楽をやりたいと思っていた。ピアノやバイオリンなど楽器をしてきたが、練習の場所や披露の場所に制限がなく、自分自身が楽器になれる声楽をしてみたいと思った。もし、可能であれば、今後の人生において、理性で物事を選択する前に夢だった「音楽を生業とすること」ができたら、それをライフワークにできたらと思っていた。

③まず、音楽を生業としたいということを受け入れてくれたのはびっくりした。すぐに歌を練習するのではなく、息、おなかの支え、ストレッチ、イタリア語の発音、歌詞の意味、声の種類など分解して学ぶ形であり、ひとつひとつ最高のレベルを目指して、訓練していくスタイルで、ひとつひとつが具体的なので、自分自身、きちんと理解して納得しながら進めていくことができるし、基礎がしっかり身につくのではないかと思う。

④こうなりたいという希望をもっている方みなさんにお勧めしたいです。
その希望を素直に表現することを受け入れてくれる場所なので。だから、希望を達成する方向に進みはじめた今があると思います。
ありがとうございました。

#ボイトレ
#コンサート
#こころうた
#曽根妙子
#カノン
#葡萄屋
#泉崎
#おもろまち
#コンサート
#苦手
#好き
#弾き語り
#できる
#沖縄

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)