うたを一瞬で変える方法。

image

今日は失敗で落ち込んだこともあったけど、嬉しいこともあった。

レッスンでは、色々な年代の方をレッスンしているけど、小学6年生を個人レッスンした。

いつも恥ずかしがり屋のその子は、歌は大好きだけど、恥ずかしいんだよね。

でも、今日はこれを試験で歌うから一緒に歌いたいって、曲を持ってきてくれた。

その曲は『いのち』という歌。

広島の人に対して書かれた曲。

一度歌ってもらったあとに、どんなこころでうたいたいと投げかけたら、

最近広島で被爆した人のお話を聞いたときに、『自分は生きていてよいんだろうか』って思っているんだっていっていたから、私は生きていていいんだよって、気持ちで歌いたいと話してくれた。

どうしたらこのこころが伝わるのか、嚙み砕くために、歌詞を読んでもらった。

もう何回も歌ったことがある曲で、もう飽きていたんだけど、歌詞をしっかりこころで理解したことで、メッセージをどう歌にのせたらよいのかわかったみたいだった。

その子は、普段は恥ずかしがって私の目を見てお話できないこともあるけど、何をうたで伝えたいのか、どんな風にうたを聴いている人に感じて欲しいのか、この歌詞をどう表現したいか。。。

じっくり歌詞と向き合ってお話したら、じっと真剣に目を見て歌詞を話し、うたを歌ってくれた。

はじめ歌った時より格段に伝えたいという意思のあるうたを、また、声にも伸びがあって、変わった。

うたを一瞬で変える方法は、こころに気がついて、何をしたいか決めること。

はっきり言って、うたを学ぶ時、プロもアマチュアも関係ないと思う。

その人がうたで何を伝えたいかが大切で、それを伝えるためにうたをいろんなレベルで学ぶんだと思う。

小学6年生の子と、88歳でも質問することは同じ、これ歌った時聴いている人にどう感じて欲しい?このうたにはどんなメッセージがあると思う?

みんな自分なりに考えてそれを表現すればいいんだと思う。

今日はやっぱりそうだよね。って、思えた。

様々な年代の人にうたを教えているけど、その人の伝えたいメッセージに寄り添える人になりたいと改めて思った。

今日は失敗もあって落ち込んだけど、いい日だった。

写真は大好きなカフェでのキャンドルナイトディナーの写真。

imageimage

こころが伝わってくるお料理でした。

大好きです。

こころがないものは面白くない。

どんなジャンルでも、人間でもこころを大切にしている人が何かをすると面白い。

これから静岡♡

ゆっくりと電車の旅ー!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)